取り扱い会社

メットライフ生命

東京海上日動あんしん生命

三井住友海上あいおい生命

日本生命

日本生命

当店で扱っている保険の種類

終身保険

終身保険保障期間が生涯で被保険者が亡くなった時に死亡保険金が支払われる保険です。

詳しくは

定期保険・収入保障保険

定期保険・収入保障保険小さな負担で大きな安心を得られる保険です。「掛け捨て」という言葉で表現されるように解約返戻金はほとんどないものが一般的です。

詳しくは

個人年金・貯蓄保険

個人年金・貯蓄保険個人が年金を受け取る事ができる保険商品です。

詳しくは

養老保険

養老保険被保険者が保険期間内に死亡したときに死亡保険金が支払われるだけでなく被保険者が満期時に生存している場合にも死亡保険金と同額の満期保険金が支払われます。

詳しくは

医療保険

医療保険ケガや病気で入院や手術をした時に給付金がもらえる保険です。

詳しくは

がん保険

がん保険がんの治療は他の病気の治療費と比べてとても高額になり、また治療期間も長期になる可能性がある為がんに手厚い保障のがん保険ができたのです。

詳しくは

子ども(学資)保険

子ども(学資)保険子どもの教育資金を計画的に準備するとともに早い時期に親が死亡したときの保障も併せて行うものです。

詳しくは

介護保障保険

介護保障保険介護保障保険は、保険会社による所定の要介護状態になったとき介護一時金や年金などの保険金が受け取れるものです。

詳しくは

アフターケア

アフターケア名義変更、住所変更、保険金のご請求等々、各種お手続きも致します。

詳しくは

保険の種類

終身保険

終身保険保障期間が生涯で被保険者が亡くなった時に死亡保険金が支払われる保険です。定期保険のように いわゆる掛け捨て型とは異なり解約返戻金の給付や満期での保険金が保障されています。相続税対策としても活用できるメリットがあります。通常、お金をそのまま置いておくと相続税が課税されますが生命保険の死亡保険金には非課税枠があり終身保険を使って相続税対策はより有効になります。遺族保障に優れた機能を備えている保険といえます。

ページトップ

定期保険・収入保障保険

定期保険・収入保障保険定期保険は、少額の保険料で確実な安心を得ることができる保険と言えるでしょう。「掛け捨て」という言葉で表現されるように解約返戻金はほとんどないものが一般的です。それは「貯蓄」にあたる部分の金額が保険料の中に含まれていないからです。死亡保障だけを目的としているため保険料が割安になっております。 収入保障保険は定期保険のひとつでであり、この保険のポイントは、必要な時に必要な保障を得ることができるところです。 まだお子さんが幼いご家庭の場合、預貯金の額があまり多くなければ万一のときの保障を生命保険でカバーすることができます。子どもが成人するまでの一定期間、家計の負担を考え、保険料を低く抑えなおかつ一定期間必要な保障を得られます。通常の定期保険では一時金として死亡保険金が支払われるのに対し、収入保障保険は保険期間満了時まで年金として支払われるという点が違います。また年金の受け取り回数は、最低保障が設けられています。満期保険金はなく被保険者の死亡などの場合は保険料の払込みは不要となります。 一般の定期保険に比べて6割程度の保険料ですむのが特徴です。特にお子さんが成人するまでは、超おすすめの保険です。

ページトップ

個人年金・貯蓄保険

個人年金・貯蓄保険個人が年金を受け取る事ができる保険商品で、契約時に定めた年齢から一定期間もしくは一生涯にわたって年金が受け取れる保険です。公的年金では生活費が足りない方、退職から年金が支給開始されるまでの生活費の準備に適した保険です。

ページトップ

養老保険

養老保険被保険者が保険期間内に死亡したときに死亡保険金が支払われるだけでなく被保険者が満期時に生存している場合にも死亡保険金と同額の満期保険金が支払われます。死亡保障の機能に併せ貯蓄の機能をも持っています。満期で必ず保険金が支払われますのでお金が必要となるタイミングで満期設定しておけばお子さんの教育資金や 老後に備えた計画的な貯蓄ができる保険です。ただ途中で解約をした場合や特約をいろいろ付けている場合は、元本割れを起こす可能性がありますのでその点は注意が必要です。

ページトップ

医療保険

医療保険ケガや病気で入院や手術をした時に給付金がもらえる保険です。少子高齢化の進展により夫婦二人、またはひとりで老後の生活を送る場合も多くなっています。また平均寿命がのびており生きていくために必要な保障として医療保険が求められてきています。最近の生命保険の主流は医療保険ともいえる状況です。現在、医療技術は日々進歩しています。新しい治療法や薬は、古い保険では対応していない場合もあり昔入った医療保険に加入のままだと時代遅れで役に立たない保険になってしまう場合があります。医療保険は、同じものに長期間加入し続けることはおすすめしません。被保険者の年齢や体調の変化も考慮して、新たな特約を付けたり別の保険会社の保険に入り直すなどたびたび見直すことをおすすめします。医療保険は、生命保険各社が力を入れており安い保険料である程度の保障を得られるものが増えています。医療保険には保障の部位を制限しているものや入院しなかった時に祝い金が支給されるものなどいろいろあります。健康状態に問題がないうちに医療保障を確保してはいかがでしょうか?必ずお気に入りのものが見つかると思います。

ページトップ

がん保険

がん保険がんは、日本人の死因第1位です。1980年初め頃から30年以上死因1位を続けています。また現在は、2人に1人はがんになると言われています。がん保険は、'がん'のみに特化した保険になります。がんの治療は他の病気の治療費と比べてとても高額になります。また治療期間も長期になる可能性がある為がんに手厚い保障のがん保険ができました。がんは、ステージやその種類により治療期間が長くなり治療費も高額になる場合があります。がんと診断されたとき、入院したとき、手術したとき、抗がん剤治療を受けたとき、治療通院したとき等々の保障があります。がん治療は、患者の環境や価値観により治療法も多岐にわたるようになり、がん保険もまた多様化してきています。 がん保険は、がんのみを対象にしているため医療保険に比べてがんに関係のない持病のある人でも加入しやすい保険です。例えば心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病にかかってしまった人でもがん保険なら加入できる可能性があります。契約後、3ヶ月間(90日)は、がんになっても保障の対象外となりますのでご注意下さい。

ページトップ

子ども(学資)保険

学資保険子どもの教育資金を計画的に準備するとともに早い時期に親が死亡したときの保障も併せて行うものです。通常は子どもを被保険者とし親などを契約者とするもので被保険者が満期時に生存していれば満期保険金が、それ以前に死亡した場合は払込保険料相当額の死亡給付金が支払われます。また契約者が保険期間中に死亡したときは、それ以降の保険料の払い込みは免除されます。祝い金と育英金がついているものが主流となっています。

ページトップ

介護保障保険

介護保障保険国の社会保障制度の一環で公的介護保険制度は、充実してきています。しかしまだ十分とは言えません。まず公的な保障を確認しましょう。公的介護保険サービスは、保険料を負担している40歳以上の人が対象です。65歳以上の人は、要介護状態になった原因は問われませんが40歳~64歳の人は、末期がんや加齢による脳血管疾患や認知症、国で定めた特定疾病に限り保障の対象となります。介護保障保険は、保険会社による所定の要介護状態になったとき介護一時金や年金などの保険金が受け取れるものです。一時金と年金の併用もあります。公的介護保険とは異なり40歳未満でも契約できます。また公的介護保険のような老化に伴う特定疾病という制限もありません。 介護保障保険は、単身者など家族の介護が期待できない人には、特におすすめの保険です。

ページトップ

アフターケア

アフターケア保険料が払えなくなった時の対処方法は?

一時的な失業や経済的な理由で保険料の支払いが困難になったとき保険を解約してしまうのは、得策ではありません。一時的にお金が必要になったとき保険の種類によりますが、生命保険に加入していると解約返戻金の一定範囲内で保険会社からお金をかりられます。それを自動貸付といいます。また保険金の減額をして保険料を軽くする方法もあります。また加入していた保険契約が失効しても保険料が支払えるようになれば一定期間内であれば契約を復活することもできます。



保険証券を失くしてしまった時は?

再発行できます。その他に名義変更、住所変更、保険金のご請求等々、各種お手続きも致します。安心してご契約下さい。

ページトップ