取り扱い会社

メットライフ生命

東京海上日動あんしん生命

三井住友海上あいおい生命

日本生命

ジブラルタ

代替テキストざんす

保険Q&A

あなたの保険の悩みにお答えします

今の保険は、現在の生活に適したものか確認したい今の保険は、現在の生活に適したものか確認したい

そんなあなたに

もうすぐ更新、次はどんな保険がいいのもうすぐ更新、次はどんな保険がいいの

そんなあなたに

がん保険や先進医療について知りたいがん保険や先進医療について知りたい

そんなあなたに

持病があっても入れる保険はないの持病があっても入れる保険はないの

そんなあなたに

子どもの将来に向けて、学資保険を検討している子どもの将来に向けて、学資保険を検討している

そんなあなたに

保険料もう少し安くできないか保険料もう少し安くできないか

そんなあなたに

家を購入 団体信用保険だけで大丈夫か家を購入 団体信用保険だけで大丈夫か

そんなあなたに

結婚を機に保険を変更したい結婚を機に保険を変更したい

そんなあなたに

当店のご提案

今の保険は、現在の生活に適したものか確認したい

今の保険は、現在の生活に適したものか確認したい今、加入中の保険は、ご自分に合った保険ですか?
生命保険は長期にわたる契約です。ライフサイクルの変化に伴い保障ニーズも異なってくるので時折、保障内容を見直すことが大切です。例えば独身者には、一般に高額な生命保険はおすすめしません。しかし時々、高額な契約や同じような保障内容の保険をいくつも契約している方を見かけます。保障額は高額であれば良いとゆうものではありません。ご自分に必要な金額であれば良いのです。あまりに高額な場合は中途減額などで適正な金額にしておくこともできます。

ページトップ

もうすぐ更新、次はどんな保険がいいの

もうすぐ更新、次はどんな保険がいいの今回更新になる保険は、ご自身の今の生活合った保険ででしょうか。客観的に見て良い保険かどうかということよりも、ご自分の実情に合っているかどうかが大事です。 セールスの方に勧められて保険に加入したことのある人も多いと思いますが、その保険商品が「今の自身やご家庭の人生プランの実態に合っているかどうかの見直し」が大切になります。 更新を機に、現在そして将来のご自身やご家庭の生活リスクをきちんとフォローしてくれる保険に入っているのかということを確認することが大事です。

ページトップ

がん保険や先進医療について知りたい

がん保険や先進医療について知りたいがんは、日本人の死因第1位です。1980年初め頃から30年以上死因1位を続けています。また現在は、2人に1人はがんになると言われています。がん保険は、'がん'にしか保障されません。なぜがん専門の保険があるかというとがんの治療は他の病気の治療費と比べてとても高額になり、また治療期間も長期になる可能性がある為がんに手厚い保障のがん保険ができたのです。がんは、ステージやその種類により治療期間が長くなり治療費も高額になる場合があります。がんと診断されたとき、入院したとき、手術したとき、抗がん剤を受けとき、治療通院したとき等々の保障があります。がん治療は、患者の環境や価値観により治療法も多岐にわたるようになりがん保険もまた多様化してきています。 がん保険は、がんのみを対象にしているため医療保険に比べてがんに関係のない持病であれば持病のある人でも加入しやすいです。例えば心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病にかかってしまった人でもがん保険なら加入できる可能性があります。契約後、3ヶ月間(90日)は、がんになっても保障の対象外となりますのでご注意下さい。

ページトップ

持病があっても入れる保険はないの

持病があっても入れる保険はないの引受基準緩和型(限定告知型)の医療保険
引受緩和型”医療保険といいます。
今現在、通院なさっている方などには魅力的に感じるかもしれませんね。 過去の病歴で生命保険への加入が不可能だった人を対象にしてます。契約時には、医師の診査がなく通常の医療保険に比べて告知項目が数項目と少なく、持病をおもちの方、もちろん病気によりますが通院中の方も加入できます。また過去に治療歴のある病気による入院、手術も給付対象となります。ですが注意しなくてはならないことは保険料が通常の医療保険よりも約1.5倍以上割高ということです。その上、保障は契約後1年間は50%の金額の場合がほとんどです。 保険会社によって診査基準は違いますのでA社で断られたが B社では加入できたということもあります。持病があってもその病気の種類、期間等で通常の保険に入れる場合もあります。ですから持病をお持ちの方でもまず通常の保険を検討なさることをおすすめします。

ページトップ

子どもの将来に向けて、学資保険を検討している

子どもの将来に向けて、学資保険を検討している子どもの教育資金を計画的に準備するとともに早い時期に親が死亡したときの保障も併せて行うものです。通常は子どもを被保険者とし親などを契約者とするもので被保険者が満期時に生存していれば満期保険金が、それ以前に死亡した場合は払込保険料相当額の死亡給付金が支払われます。また契約者が保険期間中に死亡したときは、それ以降の保険料の払い込みは免除されます。祝い金と育英金がついているものが主流となっています。

ページトップ

保険料もう少し安くできないか

保険料もう少し安くできないかまず最初にすべき事は、自身がどんな保障のためにいくら払っているのかを確認します。それを踏まえ配偶者が亡くなったり病気になった際に、遺族厚生年金や公的健康保険の高額医療費制度でいくら保障があるのか把握しなければなりません。この部分の保障は生命保険で確保する必要がないので、公的な保障で足りない分だけを生命保険でカバーします。事が起きた時に「もらえるお金」がいくらかになるかを正確に把握します。 そして死亡保障よりも病気やケガのリスクが大きい為「医療保障」が必要だということです。治療にかかる費用や働けない場合に収入が減るリスクに備えなければなりません。 生命保険のパンフレットを見ると様々な保障が必要な気がしますが、必ずしも全てが必要ではありません。「足りない部分」を把握し生命保険で備えれば、必要かつ最小限の保障を把握することができます。

ページトップ

家を購入 団体信用保険だけで大丈夫か

家を購入 団体信用保険だけで大丈夫か就業不能状態になって収入が途絶えた場合、団体信用生命保険のみでは全てを保障できないの場合が殆どです。 団体信用生命保険の内容よく確認したうえで、他に加入している生命保険の死亡保障が適切か見直して下さい。 長期入院や在宅療養で収入が途絶えるリスクには、就業不能保険が適しています。見直しの際に併せてご検討ください。

ページトップ

結婚を機に保険を変更したい

結婚を機に保険を変更したい結婚によって扶養家族が出来る場合が多いです。経済的に家計を支えている世帯主が死亡した場合の保険は、しっかりしたものが必要になります。 まず扶養する家族が増えたのかと、世帯の収入をご確認ください。 これからの結婚生活の中で、長期的に見てご自身が死亡した場合でも、大切なご家族の生活を保障出来る死亡保障を確保が必要になります。 その上で治療を目的とした入院保険・がん保険・三大疾患対策などの保険を加えます。 配偶者の保険については、死亡リスク・治療リスクの両面からチェックしましょう。 その上で、マイホーム資金や教育資金など、ご家族それぞれのための蓄財をスタートさせる流れでご検討ください。

ページトップ